クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード現金化、実際の口コミ・体験談

皆さん、こんにちは、

今日は、カード現金化の口コミ・体験談を以下のまとめてみました。

業者の自作自演の口コミ・比較サイトでは、このような生々しい書込みは見れないので、
皆さんの参考になれば幸いです。

【換金率に関する口コミ・体験談】

・手数料はんぱない

・還元率80%とじゃなかったよ。70%言われた。

・10万なら8万振込みって書いてあるのに違った。そんなもんなの?

・実際に振り込まれた額がちょっと少なかった。なぜこうなったのか、説明不足すぎる。

・電話で確認した還元率となんか違う気がする。 後悔しても、もう遅いけど。

・結構な手数料持ってかれた

・私も昔利用した時に還元率が違う被害をこうむりました。 その頃から何もかわってないようですね。 みなさんも気をつけてくださいね!

・40万の申し込みでいろいろ引かれて25万ぐらいだった。これだとちょっときつい。

・還元率がホームページに記載されてるのと違ったなあ。。

・サイトの雰囲気にだまされたー

・手数料を大幅に取られるので実際は60%ぐらいの還元率、
ここは実際のバック率は60%台。例外は無い。HPはまったくデタラメ。クレーム対応用に最初個人データを収集。

・最初に提示された金額と明らかに違う金額を請求されました。あとあとが怖いので、文句はいえないのが悔しいですが、みなさん気をつけてください。

・還元率は72%くらいだったネットで提示しているの全く違う。

・手数料5割近くかかりました。決して安くはないです。


【悪質被害に関する口コミ・体験談】

・ここ利用してからマンション買いませんかの営業電話がくるようになった。情報売られたかも?

・対応最悪。更にクレジットを使われた可能性大。情報を教えてキャンセルしたのですが、なぜか99999円使った事になってます。クレジットカード業者に現在確認中。ここは危険です!!!!

・利用して数日後カード止まりました。金額の一括請求。全カード停止。担当は「大丈夫です」ってなにが大丈夫なんですか?対応も悪いし還元率も微妙。もうカードがありませんが他者を利用するべきでした。

・ここに個人情報を託したら最後。メールは深夜おかまいなく1日10通以上。まちがいなく個人情報売ってます

・振り込みされず担当者が辞めたって言われました マジむかつく

以上、実際の生の口コミ、体験談は如何でしたでしょうか。
では、また、


テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

ショッピング枠を低手数料で現金化する口コミ・体験談

さて、今回はクレジットカードのショッピング枠を低手数料で現金化する口コミ・体験談を紹介します。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには専門業者を使う方法が一般的ではないかと思います。
しかし、手数料として金額の10~20%前後の手数料がかかります。
仮に20%だったとして20万円を現金化すると40,000円も手数料がかかってしまいます。

そこで、Yahooオークションで利用できるYahoo簡単決済を使用し現金化する裏技があります。
このサービスの概要としてはYahooオークションにて落札したものの代金をクレジットカードでも支払えるというものです。
出品者がYahoo簡単決済のカード支払いを許可していれば利用可能です。
金額が6,001円以上は金額の5.25%の手数料が落札者側に別途請求される仕組みです。

実行するには2枚のクレジットカードを使用しYahooオークションIDを2個(出品用、落札用)取得する必要があります。
クレジットカード1枚につき1IDしか取れないためです。

クレジットカードが1枚しかない場合は、ジャパンネット銀行かイーバンク銀行の口座を作ってもう1個IDを作るか家族や知人友人などに協力を要請しましょう。

次に、出品用IDで架空の出品をします。
出品前にYahoo簡単決済での支払いが受けられるように手続きをすることと
出品ページでYahoo簡単決済での支払いをOKすること忘れないでください。

登録の際は現金が振り込まれる銀行、信金、信組、農協、ぱるるなどの口座が1つ必要になります。
出品の金額は自分が必要とする現金の額で即決(希望落札価格)に設定にしましょう。
額にもよりますが10万円台であれば一眼デジカメやパソコンなどが良いかもしれません。

出品が終わったら、別の人に落札をされないようにするため、すぐに落札用のIDで落札をします。
落札後にYahoo簡単決済のカード支払いを行ってください。
支払いの手続きが終わると即時出品者に自動的に連絡のメールが届きます。

出品ID宛に確認のメールがきますので、確認後ペイメントでの支払いを許可すると2日くらい(土日祝など営業時間外を除く)で指定の口座に入金されます。
その際、手数料は出品者側にはかかりませんので、10万円なら10万円満額振り込まれます。
手数料は落札者側に請求されます。

このYahoo簡単決済の上限金額は忘れてしまいましたが、20万円は確実にできたと思います。
現金化するまで2日ほどかかりますが、低額でも低利息で現金化が可能です。

オークション利用料2ID分の手数料は微々たるもの(1IDあたり1ヶ月で約300円)なので、それを入れても手数料がお得です。




クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化が
いったいどういったものなのかを
考えてみたいと思います。


業者に申し込みをすると
次のような流れで現金化が行われます。

1、クレジットカード保有者は、
業者の指定する商品(商品券やプリペイドカードなど)を
オンラインもしくは電話でクレジットカードを利用して購入します。

2、業者は、クレジットカード保有者の購入した商品を
買い取りその代金を銀行などに振り込みます。
(この段階でクレジットカード保有者は、
ショッピング枠を現金化できたことになります)

3、業者は金券ショップで販売するか、
商品販売元に返品して販売価格を受け取ります。


業者により異なりますが、
60~90%程度の換金率でショッピング枠を現金化してくれます。

一見すると便利なシステムに思えますが、
次の問題点があるためあまりおすすめできる方法ではありません。



【問題点1】実質金利は極端な高金利になる
 
クレジットカードで買物をする際には、
一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、
最終的には全額返済することになります。

そのため手取り現金に対して金利も含めた総支払額と
支払い期間をもとに実質金利を計算してみると
予想外の高金利であることがわかります。

なお以下のケースでは10万円分の商品をクレジットカードで購入し、
その商品を業者により換金率80%(8万円)もしくは90%(9万円)で
現金化と想定します。

(ケース1)
カードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合 / 90%の場合
実質年利: 300% / 133.3%

(ケース2)
カード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合 / 90%の場合 
実質年利: 59.4% / 30.6% 

上記の金利からわかるように消費者金融で
融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%/90%での換金を前提としていますが、
実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多く
より高い実質年利となります。



【問題点2】クレジットカードの禁止事項に抵触する

多くのクレジットカード会社はショッピング枠を現金化することを
規約で禁止しています。

そのため現金化していることをクレジットカード会社が把握した場合には、
クレジットカードの使用が停止される可能性があります。
軽い気持ちでつかっただけで、クレジットカードを停止され
そのうえ以後も発行してもらえなくなる可能性もありますので注意が必要です。



【問題点3】業者の信用度に問題がある

ショッピング枠を現金化してくれる業者は
「当店は消費者金融ではありませんので安心です」
などのメッセージを載せています。この言葉の意味を検証したいと思います。

消費者金融は、監督官庁の公式な許可が無ければ営業できません。

また出資法、利息制限法などにより金利が管理されています。

それに比べて現金化する業者は
一切法律による束縛を受けておらずルールもありません。

そ して一番重要なのはクレジットカード各社は
規約に反して営業しているとして詐欺罪で業者を
告訴する可能性を示唆しています。

(カード会社から見るとショッピング枠を利用されますが、
実質キャッシング扱いとなっており回収リスクや
金利などの点で不当な損失を被っている為)

ショッピング枠を現金化し銀行に振り込まれるまで
数日から2週間程度の時間が必要です。

もしこれらの告訴が現実となった場合には、
業者にショッピング枠だけ利用され現金が振り込まれる前に
倒産される可能性などもあります。
結論としては業者は消費者金融でないことは事実ですが、
信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。


テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化は自分で出来た! 裏技

クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に

現金化する方法を口コミ、体験談から見つけ、

自分で実際にやってみました。

ネット上だけでカンタンに出来て、
マジで助かりました!!

この方法は、専門業者は使わず、
個人情報やクレジットカードの番号を相手に
知られることもないので、
後々面倒なことがない方法だと思います。


ずばりその方法とは、このサイトを使います。


CREATIVE ROOTS クリエイティブ・ルーツ
http://shop.creat-r.com

このサイトは、
いわゆる著作権フリーの写真や音楽を販売しているサイトです。

支払いにはクレジットカードが使用できます。

一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…

ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんです!

しかも、返金は私の銀行口座に現金振込されます!

普通、ダウンロード販売のサイトは、
ダウンロードした商品(データ)が、
簡単にコピーできてしまうので、
キャンセル不可なのですが・・・


実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律12%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく商品データを無料で
ダウンロードされ損ですからね。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が
指定した口座に振り込まれる


私の場合は、114,170円のセット組商品を購入。

その後、サイトのキャンセル受付フォームに
自分の銀行口座を指定して
キャンセル返金の申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、
キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,038円が振り込まれてきました。


購入額 114,170円

キャンセル料  -13,700円
銀行振込手数料 -432円
--------------------------------------
口座への入金額 100,038円

キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。

現金化選びのポイント・口コミ

最近、クレジットカードの現金化のトラブル事例が増えています。

現金化業者を選ぶ際には、次の3つのポイントにご注意ください。

1.本当にお金を振り込んでくれるのか?

最近は悪質な業者も増えてきいます。中にはお客様側でクレジットカード決済の手続きが住んでいてもお金を振り込まず、そのまま連絡が取れなくなる業者もいるようです。

このような業者に「きちんとお金を振りこんでくれますか?」と聞いても、「大丈夫です」としか答えません。

万一、振込みが無く、業者へ連絡も取れなくなった場合は、クレジットカード会社へ「購入した覚えの無い請求が、明細書にある」と訴えましょう。

最近は、ネット上で利用明細が確認できるカード会社も多いので、直ぐに連絡をした方が良いでしょう。

クレジットカード会社にもよりますが、このような不正利用の場合、一定期間内(カード会社にもよりますが、大体30~60日以内)に届出があれば保障される(請求されない、又は来月に相殺される)ようです。

但し、クレジットカード会社へは、あくまでも「見に覚えのまったくない請求」だと言い張りましょう。間違っても「クレジットカード現金化をした、、」なんて正直に話してはいけません。直ぐにカード解約になってしまいます。

届出をすれば、カード番号も変えてくれますので、悪用される心配もなくなります。

2.ホームページに表示された金額どおりに振り込んでくれるのか?

現金化業者が増えたことにより、業者間の還元率(キャッシュバック率)競争が激しくなっています。

モラルのないショップは、ホームページで表記している還元率が非常に高いのに、お客様の銀行口座にお金を振り込む時になって、「消費税」「振込手数 料」「カード決済手数料」などの手数料を差し引くと言い出し、実際に振り込まれる金額はホームページ上の還元率よりも20%以上低い!という信じられない事があるようです。

現金化ショップを選ぶ際には、ホームページに記載されている還元率を鵜呑みにせず、面倒でも一度電話をかけて、「10万円決済したら、いくら振りこ んでくれるの?」、または、「15万円必要なんだけど、いくら決済したらいいの?」と金額ベースで確認したほうが良いでしょう。

できればメールで証拠が残るようにするのが良いと思います。

4.現金化した途端にクレジットカードを止められない?

クレジットカード会社は、クレジットカードで購入した商品の支払いが終わる前に商品を転売してお金に替える行為を禁止しています。

この換金行為の中で、クレジットカード会社が昔から目を光らせているのが、新幹線回数券をクレジットカードで買い、チケットショップに転売する方法です。

日本国内でカード決済を行うと商品名までカード決済会社に伝わるので、今まで新幹線回数券を買ったことがない人が、現金化ショップで言われるままに 高額な新幹線回数券を大量に買うとすぐにクレジットカード会社から電話がかかってきて、新幹線回数券の使い道を問い詰められ、クレジットカード会社へ納得する説明ができない場合は、「換金目的で回数券を買いましたね」と決め付けられてクレジットカードを止められることになります。

新幹線の回数券、旅行クーポンをクレジットカードで買わせて、換金ショップで買い取るタイプの現金化ショップは注意が必要です。




前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。