クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード現金化口コミ・評判・比較・体験談・選び方・アドバイスが欲しいです

クレジットカード現金化口コミ・評判・比較・体験談・選び方・アドバイスが欲しいです

今までこういったクレジットカード現金化は利用した事ないです

だらしないのは分かっているのですが、どうしても現金が必要でして・・・
クレジットカードの現金化を利用したいのですが。

調べれば調べるほど情報が多すぎて
どうやって会社を選んでいいものやら悩んでしまいます。。

口コミサイトや比較サイトのおすすめと
ピンポイントでこの会社はオススメだよ!というのがあったら教えて下さい!!
宜しくおねがいいたします。


【回答】
クレジットカードのショッピング枠を現金化するのに必要なものは
「クレジットカード」のみです。

ここで勘違いして欲しくないのは、
そのクレジットカードにクレジット枠(借金枠)を
申し込んでいなくてもまったく問題ないということです。

この即日現金化というシステムは、
クレジットカードのショッピング枠を利用するものなので、
クレジット枠が無くてもまったく関係ありません。

たとえば、クレジットカードのクレジット枠を使い切ってしまっている人でも
ショッピング枠が空いていれば即日現金化できるというものです。

それではそれ以外に即日現金化に必要なものはあるのか。
しいて言うのであれば、即日現金化してくれる業者の選定は必要だと言えます。

もちろん即日現金化する際の「還元率」、
申込してから指定口座への「振込み時間」などをチェックする必要があります。

また、即日現金化業者を選ぶときにチェックして欲しいのが、
申込をしてからの対応ですね。

申込をしてからすぐに連絡や返信をしてくれるような即日現金化業者が理想ですね。

その他にも返信メールの文面や、お客になる私たちのわがままや要望(振込み時間等)に
答えてくれるような業者がお薦めです。

なんでもかんでも「それはできません」と事務的な処理しかできない即日現金化業者より、
多少は話に乗ってくれるような即日現金化業者がオススメですね。

即日現金化業者自体の社風もありますが、
担当になる人によっても対応が違うので、
少しでも違和感を感じたらその現金化業者を利用しないことをオススメします。

違和感という人間の直感は時として当たるものですから、
違和感・不快感がある状況では他の現金化業者(担当者)を探した方が無難です。

カード現金化、本当の口コミ

クレジットカード現金化の比較サイトや体験談 口コミサイトを参考にしようとすると、

どの比較サイトや体験談 口コミサイトも業者の宣伝の為のサイトのようで、

いい事ばかり書いてあって、悪い情報はほとんど載ってません。


ようやく見つけた個人のブログの体験談を見ると、

「現金化は最悪!金振り込まれなかった!」

「ホームページで掲載されている換金率なんて嘘!騙された!ありえない!」

など、悪い評価の口コミや体験談も見つかります。


口コミの体験談の内容としては、

→ネットから氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、有効期限などを入力

→電話が掛かってきて、確認と注意事項の説明
(一応”商品”が送られてくるので、受け取って欲しい。
もしカード会社から電話があった場合にはその”商品”を購入したと答えるように、、、など)

→本人確認の為、写メで免許とカードを撮って送信

→当日現金振り込(申し込みしてから1時間くらい)

免許とカードを写メで送るとか非常にリスクが大きいですね。

実際の還元率は70%位が一番多いようで、

サイトの換金率と実際の換金率はやっぱり全然違うところがばかりです。
(まあ、どこのサイトも掲示している換金率には”最大”と書いてあり、
色々と理由をつけて実際はこれよりもかなり低くなるようです。)


個人ブログの体験談などを調べると

換金率80%前後ならかなり良心的な方ですが、

実際に探すには、1つ1つの業者へ問い合わせしなければ判らない
(サイト記載の換金率はまったく信用できないので)というのが実情です。

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

高還元率の表示に騙されるな!

皆さんは、現金化業者のサイトに表示されている

高還元率に騙されてはいませんか?


また、これから利用を考えてる人は充分にご注意下さい!


現金化業者のサイトで、

90%~98%などの告知を良く見かけますが、

あれは全て嘘です!


なぜなら、

現金化業者ではカード会社に対して

カード決済手数料を支払う必要があるからです。


ほとんどの現金化業者は、

カード決済を国内の決済会社ではなく、

海外の決済会社を利用しており、

最低でも

4%~10%ほどの決済手数料を

決済会社に支払わなければなりません。


そうなると、

仮に98%で本当にやってたとしたら、

現金化業者は赤字になってしまいます。


現金化業者の手口を見ると、

大事な個人情報(身分証・カード情報)を初めに送らせ、

情報が届いた後に、「このカードだと率が下がる」とか

「後から消費税がかかる」など言って

還元率を下げてくる業者がほとんどのようです。


ここで重要なのは、

保証されている一律固定の還元率の業者を選ぶか、

問い合わせた時点で上記の内容をしっかり聞いた上、

話が変わらない業者を選ぶ事が、大事です。


※個人情報を送る前にしっかり見極めをしましょう!

クレジットカードの現金化会社選びのコツ

◇適正なキャッシュバック率

キャッシュバック率(換金率)は

高い方がいいですが、

あまりに高いところは

何かしらの理由があると考えて

避けるべきです。


多くの現金化業者の換金率は80%前後です。

仕組み上、97%以上はありえません。
 

なぜかと言えば、

クレジットカード会社に支払う手数料は

どんなに安くても3%で普通は5~7%だからです。

還元率が、98.5%や99%ですと、

現金化業者がクレジットカード会社に支払う手数料だけで

赤字になってしまうからです。

ですので、

これ以上の数字を提示している会社は、

よく分からない手数料を引かれる、

闇金融へ流されるなど、

悪徳業者に当たる可能性もでてくるので注意しましょう。


当然、現金化業者も利益がなければ

なりたたないビジネスですし、

競争相手もいるので各会社によって

還元率は変わってきます。

利用する側とすれば

当然多くの現金が手に入るほうが良いのですが、
 
キャッシュバック率の高さだけで選んでしまうと

非常に危険です。


優良な会社はキャッシュバック率が、

70%から80%前後の会社と

まずは考えてください。


現金化サービス会社で60%以下の率の会社は、

単純に利益ばかり考えている

目に見える不誠実な会社なので注意しなければなりません。

少々怪しいと考えご注意した方が良いかと思います。

それでも、特別なキャンペーン時や

詳細条件などしっかり明記してあるようなら

問題なく利用してもよい現金化サービス会社もあります。



クレジットカード現金化サービスに限ったことではありませんが、

良いサービスには適切な価格があります。

キャッシュバック率にはくれぐれもご注意して下さい。


現金を振り込まない現金化サービス会社や

還元率に満たない金額しか振り込まない会社も

少なからず存在します。

老舗店・店舗有など優良・安心できるお店選びが大切です。


◇振り込み金額の明記

ほとんどの場合は、

クレジットカード決済が終わったのを確認してから

お金が振り込まれます。


しかし振り込まれた金額が予定より少なかったとしたら

どうでしょうか?


クレジットカード会社に返済する金額は

変わらないのに、受け取った金額だけが違います。

よくあるのが手数料として引かれる場合です。

サイトに記載されている情報だけでなく、

実際にいくら振り込まれるのか

金額を必ず確認しましょう。



◇買取は避ける


クレジットカードの現金化には、
 
"商品を買い取るタイプ"と

"キャッシュバック"のタイプがあります。

提示金額と支払い金額が違うのは、

買取タイプの方に多く見られます。


買取の場合は商品に問題があるとして

安くされる事がよくあります。


80%を提示していたのに、

指定された商品を持っていったら

50%や30%でしか

買い取ってくれなかったなどです。


もちろんそんな会社ばかりではありませんが、

キャッシュバックの方が危険性は低いといえます。

キャッシュバックだからといって

安心という訳ではないので、

しっかりとした確認は必要です。

商品を買い取るタイプの申し込みは

必ずやめることを推奨します。


テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化業者が使う騙しのテクニック

貸金業規制法の強化によって、

お金を貸し出せなくなった消費者金融に変わる

資金需要の受け皿として、

クレジットカードのショッピング枠現金化が注目されると、

街金融や、ヤミ金融が

クレジットカード現金化に参入しました。


そして、それに呼応するように

詐欺同然の事件が急増しています。


悪質な業者は、

ホームページ上で96%の還元率を表示していながら、

実際の還元率は50%を切るようなこともあるようです。


さらに悪質な業者になると

「お金を振り込まない」

「後日勝手にカード決済する」

という事もあるようなので、

クレジットカードのショッピング枠を

業者を使って現金化する場合は、

現金化業者の見極めが重要です。



悪質現金化業者 詐欺の手口

悪質な現金化業者がユーザーを騙す手口は

幾つかのパターンに分かれています。


・ホームページの還元率と実際の還元率が違う

・ホームページ上には記載されていない手数料を差し引く。

・「カードの種類」「ユーザーの信用状態」「職業」「住所」を理由に還元率を下げる。

・当初の話と違うことをユーザーが指摘すると高額なキャンセル料を請求する。

・約束した金額を振り込まない

・電話で説明された金額よりも少ない金額しか振り込まれない。

・お金を全く振り込まない。連絡も付かなくなる。

・返金を迫る

・クレジットカードの商品代金は支払っているのに、一方的な理由で契約を解除し返金を迫る。

・カード所有者に無断でカード決済する

・クレジットカードの情報を控えられ、後日無断で現金化されて手数料を差し引いたお金が口座に振り込まれる。


悪質業者に対する対策

これらの悪質業者の手口に共通するのは、

「ホームページ上では極めて好条件を提示してユーザーを誘い込む」

「メールでの問合せに対しても電話連絡を要求する」

点にあります。


彼らはユーザーを騙すための

トークスクリプト(曖昧な説明でユーザーを丸め込む話術)に

長けているので、彼らの要求に応えて電話連絡をすると、

彼らの術中に嵌まることになるので注意しましょう。


悪質な現金化業者とは反する、

良心的な現金化業者は、

ホームページ上で決済金額に応じた振込金額、

必要な手数料等を明記しており、

メールでの問合せに対しても明確な金額を教えてくれます。


悪質な業者の話術に嵌まらないためにも、

初めて利用する現金化業者に対して

いきなり電話でアプローチするのは避けて、

まずはメールで問合せしてみるのが賢明です。



現金化業者に対する問合せ例

「クレジットカードの現金化の利用を検討しています。

〇〇カードを使用して、〇月〇日までに、

手元に〇〇万円を振り込んでもらう場合の

カード決済額を教えてください。

よろしくお願いします。 」


良心的な現金化業者であれば、

上記の問い合わせ文面で

カード決済額を教えてくれるはずです。


もし、問い合わせ先の現金化業者が、

「住所を知りたい」

「職業を知りたい」

「カードの情報をもっと知りたい」

などの理由を付けて電話連絡を要求してきた場合は、

とにかくユーザーに電話を掛けさせて

丸め込もうとする意図があるので、

その業者の利用は控えた方が無難だと思います。

また、メールでの問合せに対して返答がない場合も、

返答がないからと言って

ユーザー側から電話を掛けたりせず、

そのまま放置したほうが良いでしょう。

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

前のページ 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。