クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化が
いったいどういったものなのかを
考えてみたいと思います。


業者に申し込みをすると
次のような流れで現金化が行われます。

1、クレジットカード保有者は、
業者の指定する商品(商品券やプリペイドカードなど)を
オンラインもしくは電話でクレジットカードを利用して購入します。

2、業者は、クレジットカード保有者の購入した商品を
買い取りその代金を銀行などに振り込みます。
(この段階でクレジットカード保有者は、
ショッピング枠を現金化できたことになります)

3、業者は金券ショップで販売するか、
商品販売元に返品して販売価格を受け取ります。


業者により異なりますが、
60~90%程度の換金率でショッピング枠を現金化してくれます。

一見すると便利なシステムに思えますが、
次の問題点があるためあまりおすすめできる方法ではありません。



【問題点1】実質金利は極端な高金利になる
 
クレジットカードで買物をする際には、
一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、
最終的には全額返済することになります。

そのため手取り現金に対して金利も含めた総支払額と
支払い期間をもとに実質金利を計算してみると
予想外の高金利であることがわかります。

なお以下のケースでは10万円分の商品をクレジットカードで購入し、
その商品を業者により換金率80%(8万円)もしくは90%(9万円)で
現金化と想定します。

(ケース1)
カードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合 / 90%の場合
実質年利: 300% / 133.3%

(ケース2)
カード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合 / 90%の場合 
実質年利: 59.4% / 30.6% 

上記の金利からわかるように消費者金融で
融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%/90%での換金を前提としていますが、
実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多く
より高い実質年利となります。



【問題点2】クレジットカードの禁止事項に抵触する

多くのクレジットカード会社はショッピング枠を現金化することを
規約で禁止しています。

そのため現金化していることをクレジットカード会社が把握した場合には、
クレジットカードの使用が停止される可能性があります。
軽い気持ちでつかっただけで、クレジットカードを停止され
そのうえ以後も発行してもらえなくなる可能性もありますので注意が必要です。



【問題点3】業者の信用度に問題がある

ショッピング枠を現金化してくれる業者は
「当店は消費者金融ではありませんので安心です」
などのメッセージを載せています。この言葉の意味を検証したいと思います。

消費者金融は、監督官庁の公式な許可が無ければ営業できません。

また出資法、利息制限法などにより金利が管理されています。

それに比べて現金化する業者は
一切法律による束縛を受けておらずルールもありません。

そ して一番重要なのはクレジットカード各社は
規約に反して営業しているとして詐欺罪で業者を
告訴する可能性を示唆しています。

(カード会社から見るとショッピング枠を利用されますが、
実質キャッシング扱いとなっており回収リスクや
金利などの点で不当な損失を被っている為)

ショッピング枠を現金化し銀行に振り込まれるまで
数日から2週間程度の時間が必要です。

もしこれらの告訴が現実となった場合には、
業者にショッピング枠だけ利用され現金が振り込まれる前に
倒産される可能性などもあります。
結論としては業者は消費者金融でないことは事実ですが、
信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。


スポンサーサイト

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://card2kuchikomi.blog.fc2.com/tb.php/146-6b9c8246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。