クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際の口コミ・体験談

クレカ現金化の業者を選ぶ場合、実際使った口コミ・体験談が一番です。
業者のサイトで書いてあることを鵜呑みにしてはいけません!


私も初めはかなり迷ってしまい、ネットで良さそうなところを何社も電話やメールで問合せしました。
問合せした時に、きちんと振込み金額を提示してくれた現金化業者さんはたったの1社でした。
他の業者さんはホームページの換金率は高いのに、いろいろな手数料などで実際の振込み金額が少なくなるとのことでした。
私の体験談としては手数料も引かれないでホームページ通りの換金率の金額を電話だけでなく出来ればメールでも確認できた業者が良いと思います。


確かにクレジットカード現金化はサイト・会社が多くてどこがいいか分かりませんよね。
ほんとに振り込んでくれるのかも心配ですしね。
私は不安だったので友人の紹介で利用しました。


ショッピング枠の現金化についての実際の体験談です。
クレジットカードのショッピング枠の現金化についてなんですが ネットでいろいろと探したクレジットカード現金化業者にVISAクレジットカードのショッピング枠の現金化をお願いしたところ、利率?がとても悪いように感じました。
ちなみにショッピング枠15万円を決済して、振込み額は9万円と言われ、もちろんやめました。
もう一社も似たような還元率でした。 どこもこんな感じなのでしょうか?


私は何度かクレジットカード現金化を利用しています。
まず優良会社と悪徳会社ですが、これを見分けるのはかなり難しいです。
口コミ・ランキングサイトなんかも自作をしている会社も多いので・・・。
またフリーダイアルだからといっても、信用できないですし。
悪質なクレジットカード現金化の会社と優良な会社の見分けなんですが、私は現金化した時の「手数料」にあると思っています。
現金化をした時にもちろん大事なのはキャッシュバック率です。
サイトに表記されているキャッシュバック率の金額が振込まれるわけではなく、業者によってはそこから更に手数料といった名目で多額の金額を差し引く業者もあります。
ですからまずは何社か業者に電話してみて、実際に振込まれる金額を聞いてみるのが一番良いと思います。



スポンサーサイト

キャッシング張り付き率とは

キャッシング張り付き率とは、

その名前の通り、キャッシングに張り付いている比率のことを指します。

クレジットカード審査時にはこのキャッシング張り付き率を確認し、

その率が高い場合には審査に大きくマイナス作用すると思った方がよいと思います。


《キャッシング張り付き率の比率について》

キャッシング張り付き率の判断方法は至って簡単。

キャッシング利用可能枠とキャッシング利用額から算定します。

例えば100万円の利用枠がある方で50万円のキャッシング利用がある場合には単純にキャッシング張り付き率50%。

大抵、キャッシングに依存している方の場合にはキャッシング張り付き率が100%近くで固定され続けることになります(返済しては借りてを繰りかえすため)。

反面、キャッシングを全く利用しないという方はもちろん0%となります。




口コミ・体験談

皆さん、こんにちは!

さて、今日は現金化を利用した方の体験談、口コミから実際のキャッシュバック率が

低かったという書込みを拾って集めてみました。

○○○○の還元率低すぎ!ホームページに載っているキャッシュバック率は

80%以下は無いのに、実際は68%でした!

△△△。免許証やクレジットカードを写メールで送った後に、

電話が掛かってきて「信用力に問題があるのでキャッシュバック率は51%と言われた」。

サイトの表記と実際のキャッシュバック率が全く、、、。

××××に電話を掛けた。サイトの還元率は85%と表示されていたが、


電話で確認すると氏名、自宅住所、生年月日、電話番号、カード番号、勤務先まで

聞かれた挙句に、手数料が何だかんだで結局、還元率72%と言われたので断った。

断ったのにしつこく、現金が無いと困るのでは??などと、


業者に電話しました。

いきなり、住所、電話番号、勤務先などの個人情報を聞いてきて、

5~10分で見積もりの結果を連絡しますということに。

しばらくしても電話が無いので、不安になってこちら電話したら、

結局、見積もりはホームページ上ではスピードプランで83%と書かれているのですが、

電話で7割程度と言われました。還元率はホームページ上に書かれている金額だけで

決まるのではなく、個人の信用情報で決まるといわれました。


先日、△◇△を使いました。電話で話した金額よりも手数料とか

色々と言われ10%少し余計に取れられました。

しかも、電話では「荷物を受け取ってください」としか言ってなかったのに、

速達で売買契約書が届き、サインして荷物と一緒に送り返して欲しいと…。


ホームページの換金率は良いですが、実際は手数料やら消費税やらで換金率60%以下に。
電話の対応は丁寧ですが、途中からたたみ込むように利用を薦めてきました。
今後、絶対に利用しません。

ここは実際のキャッシュバック率は65%くらいでした。

さらに後日届いたカード明細を見たら、電話で説明された額より2千円くらい多く請求されてたし、最悪だった。

自分の口座に振込まれた金額を計算したら還元率は71%でした。
新規の場合、別途手数料を10%取られます。



クレジットカード現金化詐欺に騙されないように

クレジットカード現金化で優良サイトを選ぶ場合に
比較する一つのポイントとなるのがキャッシュバック率です。

クレジットカード現金化で利用者は現金を入手することが目的なので、
キャッシュバック率が多ければ多いほど良いと考えていると思います。

しかし、それは間違いで詐欺を行う業者に十分に注意し見極める事が重要です。

比較的優良な会社はキャッシュバック率が7割から8割に集中しているようです。

クレジットカード現金化で9割以上の会社は、
まず最初に詐欺を警戒した方が良いかと思います。

もちろん該当する全ての業者がそうであるとは、限りませんが、、、

クレジットカード現金化に限った事ではありませんが、
どんなサービスでも適切な価格というものがあると思います。
キャッシュバック率が9割以上では、業者側にはほとんど利益が残らないはずです。

キャッシュバック率と詐欺にはくれぐれもご注意して下さい。

また、詐欺ではなくても手数料などがかかり、
最終的には7割程度になる場合も多いので、
クレジットカード現金化を行う際には手続きのときの電話で必ず、
実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。
出来れば、メールで証拠が残るような形で金額を確認できるとベストだと思います。



悪徳業者の見分け方 口コミ

悪質な業者はどのような業者なのか?!どのように見分けるのか?!
 
◆悪徳業者の見分け方

クレジットカード現金化で最も気になるのは、何でしょうか?

・キャッシュバック率?

・個人情報の漏洩?

・振込まれるスピード?

3つとも重要な事ではありますが、特にキャッシュバック率を追い求めすぎると危険な罠に嵌まることになります!

高キャッシュバック率を求めれば求めるほど悪徳業者が、待っています!

・キャッシュバック率?
キャッシュバック率が例えば90%還元率の場合100,000円で90,000円がキャッシュバックされるという事です。
現金化には、最低でも次の3つの費用が業者側に掛かります。
①クレジットカード会社の手数料(約3~7%、仮に5%で100,000円の場合は5,000円)
②もれなく型キャッシュバック方式の業者の場合、ダミー商品の送料が必要(送った証明が必要なので宅配便約500円)
③振込み手数料(都銀の場合は420円)
この3つで、5,920円掛かる訳ですので、90%で還元したら人件費や宣伝費など考えると確実に赤字になるわけで、
90%のキャッシュバック率など、あり得ないのです。
業者に問い合わせしたら「当店は90%です!」「当社は85%です!」と、何のためらいもなく言いきる業者は、
確実にトラブル(振込まれない、或いは、入金額が言ってた金額から大幅に少ない、など)になると考えられます。


クレジットカード現金化は利用するカード会社にもよりますが、還元率は70%~80%が平均的なキャッシュバック率と考えてたほうがいいです。


・個人情報の漏洩?

商品を送らない業者!商品を送ってこない業者!
キャッシュバック方式の現金化は、必ず商品を受け取らないとキャッシュバック方式の現金化は成立しません。
商品を送らずにお金だけを振り込む業者は、トラブルになる原因の一つです。
たとえばカード会社からすると商品を受け取らないのはおかしな話なので、のちにカード会社とのトラブルになります。

カード決済利用明細書を送ってこない業者!
買った商品に対してキャッシュバックしてもらうサービスなので、通信販売のお店から必ず明細書がメール又は郵送でカード決済利用明細が送られてくるのが常識、ご利用明細書を送らない業者は何を購入してキャッシュバックしてるのかが不透明、もしカード会社から何を購入したかを聞かれた場合に何を買ったか解らないは通用しない、明細書が送られてこないと金額の確認もできないのでトラブルになる場合があります。



・振込まれるスピード?

現金化業者から素早く入金されるのが、クレジットカード現金化の便利な点のひとつなので、
利用者の希望時間に入金してもらえるのが、安心ですしそうでないと現金化する意味が無のかもしれません。



クレジットカードの延滞


クレジットカードの延滞とは?

クレジットカードの延滞とは、クレジットカード入会時に取り決めたクレジットカード利用代金の支払期日までにその代金を支払っていない状態のことです。
要するに代金未払い状態のことです。


延滞は2年に渡って記録され続ける

この延滞はたとえ代金を後に返済した後でも、一度記録されてしまうと約2年間に渡り、信用機関に保存されます。
その為、今後住宅ローンなどを利用したい方などは、できる限り一度の延滞も記録されないように、クレジットカードの利用代金が引き落とされる銀行口座にはある程度ゆとりを持たせておくことが必要だと思います。


延滞が記録されたしまったら

「延滞が記録されてしまった」という場合でも、よほど頻繁に延滞を繰り返さない限りはそれほど心配することはありません。
一般的に、誰でも銀行口座の残高確認をうっかり忘れてしまうことはあることです。

そのため1度くらい延滞が記録されていても、それほど大きな影響はないと考えて問題ありません。
但し延滞は延滞でも3ヶ月以上に渡って返済を滞らせているような状況になると、これは事故として扱われるので、あくまでこのケースで話しているのは返済が1週間程度遅れる延滞の場合のみです。

延滞が記録されてしまったら、その後2年間程度は、もう一度延滞が発生しないように、細心の注意を払うようにしましょう。




カード現金化は、合法でしょか?


クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みや業者があることを知っている人も、知らない人もいると思います。

もともと古くからクレジットカードのショッピング枠を利用して、これを現金化する商売はあり、80年代くらいには新聞や雑誌に、このような類の広告が出ていました。

当時は、買い取り屋と言われる形態が主流で、利用者がローンやカードで買った商品を買い取って現金を渡す商売でした。

最近では、さまざまに形を変えて商売として存在しており、無くなる事はない!と言うよりも存在すべくして存在してると言ったほうが良いのかもしれません。

それでは、クレジットカード現金化は、日本の法律で問題ないビジネスなのでしょうか?

クレジットカード現金化については消費者庁「ストップ!クレジットカード現金化」などキャンペーンを打ち出して注意を促していますが、クレジットカード会社の規約違反にはなるが、法律では罰則がないのが現実です。

クレジットカード現金化は消費者がいる限りなくならないが、ただ法律で問題が無くてもクレジットカード会社の規約違反になり、それを無視してクレジットカード現金化するのも消費者、そんなの綺麗事を言っていられない事情もあるわけで、だからと言って政府や当局は、クレジットカード現金化を見てみぬふりはできない状況になってきております。

このようなクレジットカード現金化利用者が、増えたのも「総量規制」という法律の結果です。

クレジットカード事情が、2010年6月消費者金融の総量規制が実施され一定額以上(年収の3分の1)の借り入れ制限されお金に困った人が、現金をつくる手段のひとつとしてクレジットカードのショッピング枠を現金に変えてもらうため現金化業者に、現金調達を頼む人が増えたきっかけになった要因1つです。
そこで「景品表示法」不当景品類及び不当表示防止法で定められた「もれなく型」キャッシュバックシステムを使った仕組みのクレジットカード現金化業者が急増しました。

なぜ、現金化業者と現金化をする人が急増したのか理由をひとつあげるとしたら、もとを正せば総量規制の法律が、需要と供給に拍車をかけたと言っても過言ではなでしょう。


現在クレジットカードを持っている人も少なくない。現代は何でもカード社会!

「クレジットカード現金化は新たに借金を増やす事です。」と消費者庁が呼びかけているが、クレジットカードを使う人は、どのように使おうが借金は借金、たとえプレゼントする買い物だったり外食で使った飲食代もクレジットカードを使えば、請求はくる訳だから借金には変りはない、どんな使い方をしてもクレジットカードを使えば借金、クレジットカード現金化利用者の体験談として、買い物したり外食したりして使ってる延長線上に現金化が、あると考えている人も少なくないようです。

クレジットカード会社も総量規制で、利用者が減り総量規制でクレジットカード現金化する会員が増えクレジットカード利用者の破産リスクが高くなり、破産が生じクレジットカード会社の債権が不良債権・損失につながっていると表向きには報じているマスコミもあるようですが、
一方でカード会社のとしては、優良会員には現金化だろうが、とんどんカードを使ってもらいたい。
カード会社からすれば使い道より、きちんと返済してもらうのが大事なわけで、現金化してるのは解っていても見てみぬふりしないとカード会社もやっていけないと、まあ、それが本音だと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。