クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化


クレジットカードには、商品やサービスを購入して、後払いにする「ショッピング」の機能と、
カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、
それぞれに利用できる金額枠が設定されています。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、

本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、

現金を入手することを目的として利用することです。

消費者庁は「クレジットカード会社はこのような使い方を認めていないため、

現金化に利用したクレジットカードは利用停止となるおそれがあります」とのみ記載しています。

しかし、現実はそんな「生やさしい」ものではありません。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を利用すると、もし自己破産する場合に、免責不許可理由になることから、事実上破産が著しく困難になるという点が一番重要です。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は、破産法252条1項2号の「廉価処分」(信用取引によって商品を購入し著しく不利益な条件で処分)に該当します。




スポンサーサイト

クレジットカード現金化を利用したときの返済


クレジットカードの現金化を利用した場合、
ショッピングをしたという体裁で現金化が実現されるため、通常のショッピングと同様に商品代金は後日カード会社へ返済することになります。

最終的にお客様のお手元に入る金額と返済額について具体例を挙げご説明します。
100,000円を換金率80%で現金化した場合、お客様にキャッシュバックされる金額は80,000円です。

・お客様がカード会社ヘ一括払いで返済する場合

カード会社への金利は発生しませんので返済額は100,000円です。
80,000円を手に入れて100,000円の返済なので、お客様は20,000円の赤字です。

・お客様がりぼ払いなど分割で返済する場合

例えば5回払いで年利15%の分割の場合、概算で6,250円(100,000円×15%×5/12)が利息として請求されるので返済総額は106,250円。 80,000円を手に入れて106,250円の返済なので、お客様は26,250円の赤字となります。
以上のように現金化は、資金の都合をつけることができるかもしれませんが最終的にお客様のご負担が
軽減されるわけではないことを理解して下さい。

ショッピング枠の現金化はあくまでも一時しのぎ的な現金の調達方法であり、返済見込みの十分ある方には便利なサービスかもしれません。

多重債務を抱え返済にお悩みのお客様が現金化をご利用することはお勧めできません。
債務の根本的解決を目指すためには現金化ではなく弁護士や司法書士といった専門家が対応する無料相談窓口など多数存在しますので、そちらにご相談されることを強くお勧めします。





カード現金化について政府からの注意喚起


今日は、政府広報オンラインのクレジットカード現金化への注意喚起を取り上げます。



以下、ホームページより抜粋です。
 
「手軽」「安心」「信頼」とうたわれていても安易に信用しないようにしましょう。
・結局は債務を増やし、支払困難に陥りかねません。
・現金化によりクレジットカードが利用停止となるおそれがあります。
・ 「入金されない」「キャンセルできない」などのトラブルも発生!



適法であるかのように一部業者が宣伝していますが…

・ 「景品表示法を遵守しています」

 → 現金化は景品表示法の景品に該当しないに過ぎず、現金化が問題あることに変わりはありません。

・「公安委員会の許可を受けています」

 →公安委員会が古物営業を行うことについて許可を与えているに過ぎず、現金化自体について法律上問題がないと保証しているわけではありません。



以上、〔政府広報オンライン〕より





公共料金をクレジットカードで支払う裏技


毎月毎月かかる公共料金。
電話代や電気代、ガス代、水道代。

基本的にこれらの公共料金は、現金での支払いしかできないことになっています。

しかし、実は一部のコンビニでは、コンビニが発行するクレジットカードで公共料金の支払いができてしまうのです。

引き落としも後になるので金利的に運用できたことになります。
またクレジットカードにポイント制などがあれば、その分を得できてしまいます。
公共料金はクレジットカード支払いができないという常識を覆す裏技です。
それではその方法をご紹介します。

【ファミリーマートで支払う!】
コンビニもいくつか数はありますが、その中のファミリーマートで発行するクレジットカード 「ファミマカード」 で公共料金を支払うことができてしまいます。
このカードで支払えば、クレジットカードの引き落としの日まで、お金を払わなくてもよくなりますので、現金がないときには助かるかもしれません。

このカードは、年会費も無料。

さらに、公共料金の支払い分に対してもクレジットカードのポイントが貯まるのです。
さらにさらに、このカードがあれば、特定の曜日にファミリーマート内の商品が割引で変えてしまうという特典まであるのです。

無料で作れるこのカード。
もしファミリーマートをよく利用する方であれば、ぜひぜひ持っておきたい1枚です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。