クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリークレジット、現金化


こんにちは!

当サイトへ来る方の検索キーワードで、「現金化フリークレジット」というのが結構あり、
気になったので、ちょっと検索してみました。

---------------------------------------------
カード枠現金化 株式会社フリークレジットは、最大98.5%、最短3分でのお振り込みで現金化できます。
株式会社フリークレジットってカード枠現金化業者さんで株式会社ってあり得るんですかね(笑)

実際、利用してみたんですが最終的に色々手数料やら引かれて7割ちょっとって感じでした、、、。
びっくりしたのがお振り込み時間。
最短3分とありますが15時ぎりぎりに振り込まれて、かなり不安でした。
--------------------------------------------

あと、
------------------------------------------
ここは、もう一つの現金化業者 換金堂と同じ会社による運営です。
住所も近く、IPアドレスも同じ、プランの内容も同じなので間違いないかと。


金化の方法としては、買取の方法を行なっているよう。
業者が送ってくる商品(CD-Rらしい)が届いたら
それを業者へ送り返してから現金を振り込んでくれ
るようです。
時間が何日間かかかるプランがほとんどで、
即日プランもありますが、来店プランが無いです。
振込みのみ対応となります。

HP上の住所は渋谷区とのみ記載されておりますが、
以降の番地からの住所が記載されておりません。

お申込みは全てネットか電話で行なうようになります。

局最後まで話を聞かないで電話を切ってしまったので、細かいことなどは不明です。
通常プランだと利用してから1週間~2週間後に振り込むプランなので、

とんどの人が即日のプランを選ぶんじゃないでしょうか。

1週間~2週間後に振り込まれるなんて先のこと過ぎだし、
利用する時って大体急な入用の場合なん
で、このスタンダードのプランはあまり必要ない気が…。

電話対応は他の現金化業者と変わらない。
「まずは受付してください」と言うばかり。
話はそれからだ。みたいな感じです。
-------------------------------------------------------------

ここのHPには、大きく「東京公安委員会 許諾店 第XXXXXXX」と
貸金業とは無関係な、古物商認可の番号が、、、
住所の番地無表示といい、かなり怪しい感じが、、、、

まあ、ご判断、ご利用はあくまで自己責任で、ということでしょうか。




スポンサーサイト

高キャッシュバックの業者には要注意!


クレジットカードのショッピング枠を現金化する専門業者を使うと、
一時的に現金を手にすることができます。

しかしその際、消費者金融と同程度の利息(20%台)となるためには、
キャッシュバック率が96%以上でなければならず、
謳い文句にあるような「消費者金融よりお得」なケースは
かなり少ないと言えます。

もし、97%以上と表記している業者がある場合は逆に要注意です!

なぜかというと、カード会社と加盟店との契約上、
売上の3%は手数料として、カード会社に取られるからです。

この手数料は、加盟店手数料やカード手数料と呼ばれるもので、
カード会社の利益となるものです。
この手数料は業者により異なりますが、一般的な加盟店は5%前後であり、
安くても3%ということを考えると、
97%以上のキャッシュバックを掲げることには無理があるのです。

現金化業者は広告を出して営業している以上、
その費用は回収しないといけませんし、
当然儲けも出さないといけません。
それ以上すると赤字になるのですから、商売になりません。

この矛盾がある為に、
「申し込んでみたが、書いてあったキャッシュバック%よりも全然少ない額しか支払われなかった
というケースは多いのではないかと推測されます。

ポイント還元と同様に
「高キャッシュバック率=優良・お得」と思ってしまうかもしれませんが、
客寄せの為に、実際とは異なる不当表示をしている業者、
と考える方が事実だと思います。

また、換金目的でのクレジットカードの利用は
カード会社の会員規約に反することから、
会員資格の剥奪や即時弁済を迫られる等、
予想もしないような不利益を招いてしまう可能性があります。
ここが一番重要なポイントですが、
残念ながら一般にはあまり知られていないようです。

 
以下、JCCA 日本クレジットカード協会のサイトから

・ 最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」等とうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネット等で多く見受けられ、決済にクレジットカードが利用されていることがあります。
・ このような取引行為は換|金目的であり、会員規約に抵触することから、カード業界ではこれらの利用を禁止しています。  
・ もしこのような取引行為をされますと、退会の手続きをとらせていただくこともあります。  
・ また、会員の方ご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決して利用しないでください。






カードの審査とクレジットヒストリー


クレジットヒストリーとは?
クレジットヒストリーはクレジットの利用実績のことです。

クレジットカード審査では最も重要な項目で、
他社の情報も含めて利用実績しだいで審査の結果が大きく左右されます。


良いクレジットヒストリーとは
少額でも毎月利用があって遅れなく利用していることが大切です。

大きな額を利用しても1回払いで終わってしまうより、2~3円でも毎月利用して支払っているほうが評価は高くなります。
今までお話したようにクレジットカード会社は安定性を求めているので、利用や支払にも安定性が重要視されます。


クレジットヒストリーの作り方
クレジットカード会社によっては携帯電話料金の利用の場合、
ポイントを2倍にするなどのサービスを行っています。

携帯電話料金だけではなく、公共料金も利用できる場合があるので、
そういったものを利用することはクレジットヒストリーを作るいい方法です。

それに今まで口座振替などで支払っていたものを切り替えるだけなので、
今までより支払が増えるわけではありません。
むしろ1回払いでは手数料がない上にポイントも貯まるのでお得です。


クレジットカードが無い場合のクレジットヒストリーの作り方
ショッピングクレジットを利用する方法があります。

クレジットカードを持っていなくても利用できるのがショッピングクレジットです。
利用するたびに契約書を作成する手間がかかりますが、
多少高額な場合は、親などに保証人になってもらえば審査は通過しやすくなります。
この場合は少額利用が1回あった程度ではあまり有効なクレジットヒストリーにはなりません。
何回も利用するか、少し高額な商品を分割で利用して、残高が少なくなったときにクレジットカードの申込をすればいいでしょう。
残高が多すぎると逆効果になります。


いクレジットヒストリー
遅れや未払いがあれば審査は通過しないのはもちろんですが、
残高が多い場合やクレジットカードの保有枚数が多い場合も遅れがなくても審査が却下されることがあります。
個人に対する利用総額には限度があるので、それを超えていると判断されると却下の対象になるのです。
それとキャッシングの利用率が高い場合も、遅れがなくてもクレジットヒストリーとしては悪い例となります。
キャッシング利用だけは安定した利用というのは逆効果になります。






審査に通らない方の為のクレジットカード比較


クレジットカードがなかなか作れない方、落ちる方は、
審査基準の厳しい会社に申し込みをしている可能性があります。

また、自分の属性に合っていない会社に申し込みをしていた...
という理由も考えられます。

まず、ここで今のあなたの状況に適しているお勧めカードを、
2~3社を限度にして(もちろん同時にはダメですよ)申し込みをしてみて、
それでも落ち るようであれば、一度リフレッシュした方がいいでしょう。

すなわち半年間、申し込みを我慢するという事です。

絶対に審査に通る事をお約束する訳ではありませんが、
きっとお役に立てると思います。

ただし、下記の注意点は読んでください。

※申し込む際の注意点
◇一つの会社に申し込みをしたら、その審査結果がでるまで、
なるべく他の会社に申し込みをしないでください。
慌てると良いことなんか一つもありません。
(過去半年に一切申し込みをしていないのであれば、2社くらいならそれ程影響はありませんが、お勧めはしません)

◇ブラックな方(近い過去に他社で踏み倒しやカード強制解約がある方)はおやめ下さい。
ブラックの情報が他の会社に広がってしまう可能性がありますし、
ブラック状態ではほぼ作れないでしょう。


お勧めクレジットカード

1、楽天カード
楽天カードは、正社員はもちろん、
パート・アルバイト・主婦業・派遣社員・契約社員・自営業の方でも申し込めるカードです。前身のKCカード時代から比較的お勧めだったのですが、最近は特にいいようです。

VISA/JCB/MasterCardから選べ、Edyもついているので決済性は全く問題ありません。
特筆すべきは還元率で、ポイント還元率が高めです。
楽天で買うと2%還元、楽天以外でも1%の還元があります。
普通のカードが0.5%還元ですから、そのあたりがお得です。
年会費も無料で、カードフェイスもロゴがあるだけと比較的シンプルなので、
使いやすいと思います。


2、セディナ(OMC)
セディナは、正社員の方は当然ですが、それ以外の方でもお勧めできる会社です。
Jiyu!da!は、引き落としの他にコンビニでも支払いができて、
年会費が永久に無料です。
携帯電話料金と海外ショッピング利用はポイント3倍になる為、
ポイントが貯まりやすいのも特長の一つで、スペック的にも優秀です。
セディナは、パートアルバイトの方にもお勧めできるクレジットカードです。


3.高校生でもOKのVISA デビット Knt!トラベルキャッシュ
クレジットカードではないのですが、
もしどうしても審査に通らないようなら
スルガ銀行の Knt!トラベルキャッシュ をお勧めします。

日本国内在住で15歳以上ならどなたでも持てます。
デビットカードと言ってもVISA!がついていますので決済性も問題ありません。
また、カードフェイスもシンプルで、
どこからどう見ても普通の人から見てクレジットカードそのものです。
クレジットカードと違う所は、VISAとして使っても、即時口座から引き落とされる所です。
即時引き落としとなると気になるのがカードの盗難ですが、
万一の盗難の場合も約2ヶ月前までさかのぼって被害を補償してくれます。
また、気になる年会費も無料です。誰でも作れるという事と、
VISAがついているという事から、登場以来大人気のようです。
信用情報に何らかの問題がある方でも作れますので、
実は一番オススメです。
ただ、分類上はクレジットカードではありません。
でも、「VISAとして決済できれば良い」という人もかなり多いのだと思います。






クレジットカードの現金化、トラブル急増で取り締まりへ


クレジットカードのショッピング枠を現金化する「カード現金化業者」について、
金融庁と経済産業省、警察庁は「貸金業」とみなし、
ヤミ金と同じ違法な無登録業者として取り締まる方向で検討に入った。


無価値な商品を利用者に販売するという「物販」を隠れみのにしているため、
これまで貸金業法や出資法の適用対象外と解釈され、
取り締まる法律がなく、野放し状態となっている。

関係省庁は、業務内容が実質的に貸金業にあたると判断した。
実際、取引上は物販を装っているが、利用者は現金入手が目的で、
実質的には借り入れと変わらない。

さらに業者が丸々手にする手数料は、
商品購入からカード会社に代金を支払うまでの間の金利にあたるとみている。

手数料が購入代金の15~20%程度としても2カ月程度のわずかな期間のため、
年利では出資法で定めた上限金利(20%)をはるかに超える違法な取引となる。

このため、現金化業者を登録が必要な貸金業者とみなせば、
貸金業法の「無登録」に加え、出資法違反で摘発ができるとの判断を固めた。

国民生活センターによると、
カード現金化に関する相談件数は4~11月ですでに昨年度の1・4倍の336件に急増。
「入金されない」「キャンセルできない」などの相談が相次いでいる。
[産経新聞]


現在、営業しているカード現金化業者の換金率は80%前後がほとんどです。
悪質な業者にいたっては、換金率90%以上と表記していながら、
後から様々な手数料が掛かかり実際は70%を切る所もあります。
表記された換金率を信じて一度申込してしまうと、
なかなかキャンセルに応じてくれません。

ご注意下さい。





悪質なクレジットカード現金化業者の見分け方


クレジットカードのショピング枠の現金化業者は、ネット上にたくさんありますが、
現金化業者を悪質業者かどうか見分け方をまとめてみました。


・年利と換金率を比較して、利息が安いと宣伝している
換金率80%でも手数料が1ヶ月で20%かかることになり、
実質年利240%となり、ヤミ金なみです。

・古物商の認可を、現金化業者として認可されてるように表示している
古物商の認可を”東京都認可”というような形で表記している業者は、
まず問題ありと思って良いです。貸金業の免許番号を掲げているところは無いです、
なぜなら前記のような金利では貸金業法違反です。

・ホームページのURLが、サブドメインを使っている
ドメインには、独自ドメインとサブドメインの2種類があります。
独自ドメインとは http://corp.com/ のようなオリジナルの短いドメインのことです。
サブドメインとは http://genkinka.web.fc2.com/ のようなドメインのことです。
上記はfc2は無料ブログのサブドメインです。

しっかり商売をするのであれば、独自ドメインを取るのが普通です。

・「会社概要」住所の記述がない、または曖昧で会社の住所が番地までしか表示していない
(例えば「東京都千代田区麹町一丁目」など、詳細なビル名など不明な場合)
会社概要の表記がない業者もダメですが、会社概要が画像で表示されているところも要注意です。
なぜなら画像というのは、テキストと違って検索エンジンが認識できないため、
会社名を公にできない業者はそこを画像にするからです。これは、電話番号や住所も同様です。

・調子の謳い文句
「毎月100名様に現金10万円をプレゼント」
「創業10年周年記念特別キャンペーン」
「換金率は驚きの99%」
「リピーター率100%」

上記のような記載がある業者は注意すべきです。








FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。