クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高還元率の表示に騙されるな!

皆さんは、現金化業者のサイトに表示されている

高還元率に騙されてはいませんか?


また、これから利用を考えてる人は充分にご注意下さい!


現金化業者のサイトで、

90%~98%などの告知を良く見かけますが、

あれは全て嘘です!


なぜなら、

現金化業者ではカード会社に対して

カード決済手数料を支払う必要があるからです。


ほとんどの現金化業者は、

カード決済を国内の決済会社ではなく、

海外の決済会社を利用しており、

最低でも

4%~10%ほどの決済手数料を

決済会社に支払わなければなりません。


そうなると、

仮に98%で本当にやってたとしたら、

現金化業者は赤字になってしまいます。


現金化業者の手口を見ると、

大事な個人情報(身分証・カード情報)を初めに送らせ、

情報が届いた後に、「このカードだと率が下がる」とか

「後から消費税がかかる」など言って

還元率を下げてくる業者がほとんどのようです。


ここで重要なのは、

保証されている一律固定の還元率の業者を選ぶか、

問い合わせた時点で上記の内容をしっかり聞いた上、

話が変わらない業者を選ぶ事が、大事です。


※個人情報を送る前にしっかり見極めをしましょう!
スポンサーサイト

カード現金化業者が使う騙しのテクニック

貸金業規制法の強化によって、

お金を貸し出せなくなった消費者金融に変わる

資金需要の受け皿として、

クレジットカードのショッピング枠現金化が注目されると、

街金融や、ヤミ金融が

クレジットカード現金化に参入しました。


そして、それに呼応するように

詐欺同然の事件が急増しています。


悪質な業者は、

ホームページ上で96%の還元率を表示していながら、

実際の還元率は50%を切るようなこともあるようです。


さらに悪質な業者になると

「お金を振り込まない」

「後日勝手にカード決済する」

という事もあるようなので、

クレジットカードのショッピング枠を

業者を使って現金化する場合は、

現金化業者の見極めが重要です。



悪質現金化業者 詐欺の手口

悪質な現金化業者がユーザーを騙す手口は

幾つかのパターンに分かれています。


・ホームページの還元率と実際の還元率が違う

・ホームページ上には記載されていない手数料を差し引く。

・「カードの種類」「ユーザーの信用状態」「職業」「住所」を理由に還元率を下げる。

・当初の話と違うことをユーザーが指摘すると高額なキャンセル料を請求する。

・約束した金額を振り込まない

・電話で説明された金額よりも少ない金額しか振り込まれない。

・お金を全く振り込まない。連絡も付かなくなる。

・返金を迫る

・クレジットカードの商品代金は支払っているのに、一方的な理由で契約を解除し返金を迫る。

・カード所有者に無断でカード決済する

・クレジットカードの情報を控えられ、後日無断で現金化されて手数料を差し引いたお金が口座に振り込まれる。


悪質業者に対する対策

これらの悪質業者の手口に共通するのは、

「ホームページ上では極めて好条件を提示してユーザーを誘い込む」

「メールでの問合せに対しても電話連絡を要求する」

点にあります。


彼らはユーザーを騙すための

トークスクリプト(曖昧な説明でユーザーを丸め込む話術)に

長けているので、彼らの要求に応えて電話連絡をすると、

彼らの術中に嵌まることになるので注意しましょう。


悪質な現金化業者とは反する、

良心的な現金化業者は、

ホームページ上で決済金額に応じた振込金額、

必要な手数料等を明記しており、

メールでの問合せに対しても明確な金額を教えてくれます。


悪質な業者の話術に嵌まらないためにも、

初めて利用する現金化業者に対して

いきなり電話でアプローチするのは避けて、

まずはメールで問合せしてみるのが賢明です。



現金化業者に対する問合せ例

「クレジットカードの現金化の利用を検討しています。

〇〇カードを使用して、〇月〇日までに、

手元に〇〇万円を振り込んでもらう場合の

カード決済額を教えてください。

よろしくお願いします。 」


良心的な現金化業者であれば、

上記の問い合わせ文面で

カード決済額を教えてくれるはずです。


もし、問い合わせ先の現金化業者が、

「住所を知りたい」

「職業を知りたい」

「カードの情報をもっと知りたい」

などの理由を付けて電話連絡を要求してきた場合は、

とにかくユーザーに電話を掛けさせて

丸め込もうとする意図があるので、

その業者の利用は控えた方が無難だと思います。

また、メールでの問合せに対して返答がない場合も、

返答がないからと言って

ユーザー側から電話を掛けたりせず、

そのまま放置したほうが良いでしょう。

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカード現金化詐欺を見抜くポイント

クレジットカード現金化の詐欺で圧倒的に多いのは、
現金をまったく振込まない詐欺ではなく、振込み額をごまかす詐欺です。

ほとんどのクレジットカード現金化業者は、
クレジットカード現金化のホームページで、意図的に還元率を高めに表示しています。

例としてよくあるのは、「還元率98%以上!(最大)」
というように、”最大”という文言を目立たないように仕込んであるパターンです。

実際は、利用金額が10万円以下の場合は、70%以下になるとか、
別途、振込み手数料や、商品送料を取るのが通例のようです。


しかし、この手数料ってそもそも何なのでしょう?
本来、例えば還元率80%だったとしたら、
残りの20%がクレジットカード現金化業者の
手数料ということになるはずです。

別途様々な手数料がかかるのであれば、
初めからそれらを加味して還元率を提示するか、
別途手数料が掛かかる旨を明記して、
どのような手数料がいくら掛かるのかを表示すべきです。

もし手数料などが一切掛からないのであれば、
「別途手数料など一切掛かりません」と書いた方が、
その業者にとってもメリットとなるはずです。

この怪しい手数料ですが、
クレジットカード現金化の詐欺業者の言い分は以下のようになるようです。


審査費用
利用に関しての審査にかかる費用です。
クレジットカードを使うのに、何で?普通に考えて。

送金手数料
現金を振込む際、銀行に支払う振込み手数料のことです。
この手数料を大雑把に700円~1000円を別途で請求されます。
「同じ銀行にするので実費でいいか」と尋ねてみましたが、
聞き入れてもらえません。

商品送料
これは業者のシステムによって異なるのですが、
クレジットカード現金化を利用すると商品が届きます。
商品といっても安物のライター、ボールペンなどで、
率直に言って価値の非常に低いものです。
でも、これを受け取らないとキャンセル(有料)にされてしまいます。
要らないのにも関わらず、送料はキッチリ取られます。
これも実費ではなく1000円~2000円請求されます。

クレジット手数料
クレジットカードで買い物をした際に発生する手数料です。
通常、デパート、レストラン、ガソリンスタンドなどでクレジットカードを使うと、
お店側がこの手数料をカード会社に支払います。
しかし、クレジットカード現金化詐欺業者の場合、
この手数料を利用者に請求してきます。
これはカードの種類によって異なり、
実費で5%~15%かかるとのことですが、
普通クレジット手数料はどんなに高くても5%前後のはず。
もっともこれを請求してくる時点でおかしな話なのですが。

消費税
利用額に対する消費税です。別途で5%かかります。
仮に85%還元で20万円の利用の場合だと、
振込み金額は20万円の85%の17万円だったとしても、
消費税がかかるので、カードの請求額は20万円ではなく21万円になる・・・。
つまり、実質は80%の還元率になります。



クレジットカード現金化詐欺を見抜くチェックポイントその2

申込み前に電話で「いくら振込まれるか」を必ず確認

還元率に出ている正規手数料以外に必要な手数料を聞きましょう。
「当社では別途必要な手数料はない」との答えは要注意です。
決済業者への手数料など、「当社」以外の会社に
費用が必要な可能性があります。これも必ず確認してください。
また、「ホームページに書いてあるので見ろ」などという会社は絶対にNGです。
やましいので、自分で答えたくないのです。

ただし、よほどのことがない限り、電話で申込みを行うのは避けましょう。
なぜなら、通話だけでは取引の記録が残りませんが、
インターネットでの申込みなら申込内容、取引内容の詳細メールが残るので、
仮に取引に手違いがあった場合にも安心です。

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

全国初、クレジットカード現金化業者逮捕 出資法違反容疑で警視庁


クレジットカードで商品を買わせ、購入代金の一部を返金する
「カード現金化」とされる方法で高金利融資をしたとして、
警視庁生活経済課は5日、出資法違反(高金利)の疑いで、
東京都台東区上野の現金化業者「キャッシュバックス」の経営者、橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を逮捕した。

カード現金化業者をヤミ金業者と認定し、摘発するのは全国で初めて。

同課によると、橋本容疑者は「逮捕されるとは思わなかった」と否認しているという。

同課によると、橋本容疑者は、客におもちゃのネックレスなど実際には30~120円の商品を高額な値段でカード決済させてカード会社から入る現金の一部から手数料などを引いた上でキャッシュバックする方法で融資していた。

同課は、カードの引き落とし日までに返済する支払額と返金額との差額を金利に当たると判断。

橋本容疑者が物品販売を装って、実際には貸金をしていたとみている。

金利は法定利率(20%)の10~22倍にも上り、平成18年以降約4年間で全国750人に計約5億円を貸し付け、約8千万円の利益を上げたという。

逮捕容疑は、昨年3月~今年1月ごろ、千葉県浦安市の男性(49)ら男女計4人に、カード決済システムを悪用して、現金計約345万円を貸し出し、計約70万円の違法利息を受け取ったとしている。

同課によると、橋本容疑者は、インターネットのホームページで「ショッピング枠を現金化」「即日入金」などと広告して集客。
客の中には最高で45回にわたって借り入れをした客もいたという。

橋本容疑者は7月13日、出資法違反などの容疑で逮捕され、今月3日に同法違反などの罪で起訴されていた。

国民生活センターによると、カードのショッピング枠を使って現金を手に入れ、トラブルになるケースが急増している。平成21年度の相談件数は計237件だったが、昨年度は約2・6倍に当たる計617件に上った。

改正貸金業法が18年に制定されたのを受け、借入金が収入の3分の1に限定されたことなどから、正規の貸金業者から借りられなくなった人がクレジットカード現金化業者からの借り入れをしているとの指摘もあり、同課が警戒を強めていた。
〔産経ニュースより〕





フリークレジット、現金化


こんにちは!

当サイトへ来る方の検索キーワードで、「現金化フリークレジット」というのが結構あり、
気になったので、ちょっと検索してみました。

---------------------------------------------
カード枠現金化 株式会社フリークレジットは、最大98.5%、最短3分でのお振り込みで現金化できます。
株式会社フリークレジットってカード枠現金化業者さんで株式会社ってあり得るんですかね(笑)

実際、利用してみたんですが最終的に色々手数料やら引かれて7割ちょっとって感じでした、、、。
びっくりしたのがお振り込み時間。
最短3分とありますが15時ぎりぎりに振り込まれて、かなり不安でした。
--------------------------------------------

あと、
------------------------------------------
ここは、もう一つの現金化業者 換金堂と同じ会社による運営です。
住所も近く、IPアドレスも同じ、プランの内容も同じなので間違いないかと。


金化の方法としては、買取の方法を行なっているよう。
業者が送ってくる商品(CD-Rらしい)が届いたら
それを業者へ送り返してから現金を振り込んでくれ
るようです。
時間が何日間かかかるプランがほとんどで、
即日プランもありますが、来店プランが無いです。
振込みのみ対応となります。

HP上の住所は渋谷区とのみ記載されておりますが、
以降の番地からの住所が記載されておりません。

お申込みは全てネットか電話で行なうようになります。

局最後まで話を聞かないで電話を切ってしまったので、細かいことなどは不明です。
通常プランだと利用してから1週間~2週間後に振り込むプランなので、

とんどの人が即日のプランを選ぶんじゃないでしょうか。

1週間~2週間後に振り込まれるなんて先のこと過ぎだし、
利用する時って大体急な入用の場合なん
で、このスタンダードのプランはあまり必要ない気が…。

電話対応は他の現金化業者と変わらない。
「まずは受付してください」と言うばかり。
話はそれからだ。みたいな感じです。
-------------------------------------------------------------

ここのHPには、大きく「東京公安委員会 許諾店 第XXXXXXX」と
貸金業とは無関係な、古物商認可の番号が、、、
住所の番地無表示といい、かなり怪しい感じが、、、、

まあ、ご判断、ご利用はあくまで自己責任で、ということでしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。