クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通のサイトで裏技!クレジットカードの現金化、体験談

私はクレジットカードの現金化業者を
利用したことはありませんでしたが、
その存在はなんとなく知っていました。

怪しい感じだし、個人情報のことを考えると、
自分で利用することはないと思っていました。


でも、カードのキャッシング枠が一杯で、
どうしても現金が必要という時がありました。


そのとき、たまたまなんですが、

クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に

現金化する方法を口コミ、体験談から見つけ、

自分で実際に体験しました。


この方法は、現金化業者を使わないので、
個人情報やクレジットカードの番号を怪しい業者に
知られることもないので、
後々面倒なことがない方法だと思います。


ずばりその方法とは、このサイトを使います。


CREATIVE ROOTS
http://shop1.creat-r.com


「CREATIVE ROOTS???」と思った方。
その気持ちはわかります。


このサイトは、
いわゆる著作権フリーの写真や音楽を販売しているサイトです。

支払いにはクレジットカードが使用できます。

一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…

ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんです!

しかも、返金は私の銀行口座に現金振込されます!

普通、ダウンロード販売のサイトは、
ダウンロードした商品(データ)が、
簡単にコピーできてしまうので、
キャンセル不可なのですが・・・


実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律12%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく商品データを無料で
ダウンロードされ損ですからね。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする


3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が
指定した口座に振り込まれる


私の場合は、114,170円のセット組商品を購入。

その後、サイトのキャンセル受付フォーム
自分の銀行口座を指定して
キャンセル返金の申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、
キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,038円が振り込まれてきました。


購入額 114,170円

キャンセル料  -13,700円
銀行振込手数料   -432円
--------------------------------------
口座への入金額 100,038円

キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。


私の体験談としては、
月末、ちょっと足りないかも!!ぐらいの時に、
ちょこっと利用するのがよいかもしれません。

やみくもに現金化しても支払いは残るので、
最後は自己責任ですが、
どうしても今だけ現金が必要で、
かつ返済のめどがきちんとあるという時は、
ネット上だけで簡単で安全な方法だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化、本当の口コミ

クレジットカード現金化の比較サイトや体験談 口コミサイトを参考にしようとすると、

どの比較サイトや体験談 口コミサイトも業者の宣伝の為のサイトのようで、

いい事ばかり書いてあって、悪い情報はほとんど載ってません。


ようやく見つけた個人のブログの体験談を見ると、

「現金化は最悪!金振り込まれなかった!」

「ホームページで掲載されている換金率なんて嘘!騙された!ありえない!」

など、悪い評価の口コミや体験談も見つかります。


口コミの体験談の内容としては、

→ネットから氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、有効期限などを入力

→電話が掛かってきて、確認と注意事項の説明
(一応”商品”が送られてくるので、受け取って欲しい。
もしカード会社から電話があった場合にはその”商品”を購入したと答えるように、、、など)

→本人確認の為、写メで免許とカードを撮って送信

→当日現金振り込(申し込みしてから1時間くらい)

免許とカードを写メで送るとか非常にリスクが大きいですね。

実際の還元率は70%位が一番多いようで、

サイトの換金率と実際の換金率はやっぱり全然違うところがばかりです。
(まあ、どこのサイトも掲示している換金率には”最大”と書いてあり、
色々と理由をつけて実際はこれよりもかなり低くなるようです。)


個人ブログの体験談などを調べると

換金率80%前後ならかなり良心的な方ですが、

実際に探すには、1つ1つの業者へ問い合わせしなければ判らない
(サイト記載の換金率はまったく信用できないので)というのが実情です。

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化、実際の口コミ・体験談

皆さん、こんにちは、

今日は、カード現金化の口コミ・体験談を以下のまとめてみました。

業者の自作自演の口コミ・比較サイトでは、このような生々しい書込みは見れないので、
皆さんの参考になれば幸いです。

【換金率に関する口コミ・体験談】

・手数料はんぱない

・還元率80%とじゃなかったよ。70%言われた。

・10万なら8万振込みって書いてあるのに違った。そんなもんなの?

・実際に振り込まれた額がちょっと少なかった。なぜこうなったのか、説明不足すぎる。

・電話で確認した還元率となんか違う気がする。 後悔しても、もう遅いけど。

・結構な手数料持ってかれた

・私も昔利用した時に還元率が違う被害をこうむりました。 その頃から何もかわってないようですね。 みなさんも気をつけてくださいね!

・40万の申し込みでいろいろ引かれて25万ぐらいだった。これだとちょっときつい。

・還元率がホームページに記載されてるのと違ったなあ。。

・サイトの雰囲気にだまされたー

・手数料を大幅に取られるので実際は60%ぐらいの還元率、
ここは実際のバック率は60%台。例外は無い。HPはまったくデタラメ。クレーム対応用に最初個人データを収集。

・最初に提示された金額と明らかに違う金額を請求されました。あとあとが怖いので、文句はいえないのが悔しいですが、みなさん気をつけてください。

・還元率は72%くらいだったネットで提示しているの全く違う。

・手数料5割近くかかりました。決して安くはないです。


【悪質被害に関する口コミ・体験談】

・ここ利用してからマンション買いませんかの営業電話がくるようになった。情報売られたかも?

・対応最悪。更にクレジットを使われた可能性大。情報を教えてキャンセルしたのですが、なぜか99999円使った事になってます。クレジットカード業者に現在確認中。ここは危険です!!!!

・利用して数日後カード止まりました。金額の一括請求。全カード停止。担当は「大丈夫です」ってなにが大丈夫なんですか?対応も悪いし還元率も微妙。もうカードがありませんが他者を利用するべきでした。

・ここに個人情報を託したら最後。メールは深夜おかまいなく1日10通以上。まちがいなく個人情報売ってます

・振り込みされず担当者が辞めたって言われました マジむかつく

以上、実際の生の口コミ、体験談は如何でしたでしょうか。
では、また、


テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化を利用すると契約違反でカードが止められる?口コミ・体験談

今日も、カード現金化口コミ体験談などの情報をまとめてみましょう。

クレジットカード現金化を利用するとカード会社との契約で違反となり、
クレジットカードが強制解約され一括請求が来ると言われています。

まず、ここで紹介するお話は、幾つかの体験談口コミ情報や私が関係者から聞いたことをベースにしているものなので、どんなケースでもあてはまる絶対的な話ではないと思いますので、あくまで参考の1つにして頂ければと思います。


まず、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する行為は、

クレジットカード会社の規約違反にならないか?と言われるとかなりギリギリだと思われます。


知っている方も多いと思いますが、

換金率の高い金券や新幹線の回数券などはクレジットカードで購入できない場合がほとんどです。

これは換金目的でクレジットカードを使わせないためにカード会社が制限をかけているからです。


なぜならクレジットカードを使って現金化することはクレジットカード会社の規約で禁止されているからです。


では、なぜクレジットカード現金化業者の広告が普通に新聞やラジオなどで掲載されているのでしょうか?

それは現金化する仕組みがポイントとなっています。

現金化業者の広告やサイトを見ると、”現金化”ということがメインとはなっていますが、

その仕組みは実は商品の販売になっており、現金化でのキャッシュバックがオマケとなっているのです。

商品に対してのキャッシュバックは法律に違反しているわけではありませんので、普通に広告も出せますし営業もできるのだと思います。



以上のように、
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約に反してはいますが、
法律違反ではないので、現状ではギリギリセーフということになっているのでは、と思います。


また、クレジットカード現金化を利用するとカード会社から強制解約になるという話ですが、

私が推察するに、クレジットカード現金化業者を頻繁に利用し、その利用金額が毎月増えていくようですと、カード会社からマークされこのような事態になるケースがあるのでは、と思います。

これはカード会社の規約にも

「短期間に換金性の高い商品を連続して購入した場合、カードの利用を一時停止する場合があります」

と記載されていますので、止められた、または強制解約になった方は
結構ひどい使い方をしたのではないでしょうか。

このような使い方をされている方は、遅かれ早かれ支払いが滞ることになる可能性が高いので、カード会社も多額の損失を被る前に対処しているということでしょう。

毎月の利用金額があまり増えず、きちんと支払いが出来ている限りは、クレジットカード会社にマークされる可能性も低いのではないでしょうか。

以上、今日の口コミ体験談のまとめは如何でしたか?


カード現金化の口コミ、裏技 体験談はこちら

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カード現金化は、合法でしょか?


クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みや業者があることを知っている人も、知らない人もいると思います。

もともと古くからクレジットカードのショッピング枠を利用して、これを現金化する商売はあり、80年代くらいには新聞や雑誌に、このような類の広告が出ていました。

当時は、買い取り屋と言われる形態が主流で、利用者がローンやカードで買った商品を買い取って現金を渡す商売でした。

最近では、さまざまに形を変えて商売として存在しており、無くなる事はない!と言うよりも存在すべくして存在してると言ったほうが良いのかもしれません。

それでは、クレジットカード現金化は、日本の法律で問題ないビジネスなのでしょうか?

クレジットカード現金化については消費者庁「ストップ!クレジットカード現金化」などキャンペーンを打ち出して注意を促していますが、クレジットカード会社の規約違反にはなるが、法律では罰則がないのが現実です。

クレジットカード現金化は消費者がいる限りなくならないが、ただ法律で問題が無くてもクレジットカード会社の規約違反になり、それを無視してクレジットカード現金化するのも消費者、そんなの綺麗事を言っていられない事情もあるわけで、だからと言って政府や当局は、クレジットカード現金化を見てみぬふりはできない状況になってきております。

このようなクレジットカード現金化利用者が、増えたのも「総量規制」という法律の結果です。

クレジットカード事情が、2010年6月消費者金融の総量規制が実施され一定額以上(年収の3分の1)の借り入れ制限されお金に困った人が、現金をつくる手段のひとつとしてクレジットカードのショッピング枠を現金に変えてもらうため現金化業者に、現金調達を頼む人が増えたきっかけになった要因1つです。
そこで「景品表示法」不当景品類及び不当表示防止法で定められた「もれなく型」キャッシュバックシステムを使った仕組みのクレジットカード現金化業者が急増しました。

なぜ、現金化業者と現金化をする人が急増したのか理由をひとつあげるとしたら、もとを正せば総量規制の法律が、需要と供給に拍車をかけたと言っても過言ではなでしょう。


現在クレジットカードを持っている人も少なくない。現代は何でもカード社会!

「クレジットカード現金化は新たに借金を増やす事です。」と消費者庁が呼びかけているが、クレジットカードを使う人は、どのように使おうが借金は借金、たとえプレゼントする買い物だったり外食で使った飲食代もクレジットカードを使えば、請求はくる訳だから借金には変りはない、どんな使い方をしてもクレジットカードを使えば借金、クレジットカード現金化利用者の体験談として、買い物したり外食したりして使ってる延長線上に現金化が、あると考えている人も少なくないようです。

クレジットカード会社も総量規制で、利用者が減り総量規制でクレジットカード現金化する会員が増えクレジットカード利用者の破産リスクが高くなり、破産が生じクレジットカード会社の債権が不良債権・損失につながっていると表向きには報じているマスコミもあるようですが、
一方でカード会社のとしては、優良会員には現金化だろうが、とんどんカードを使ってもらいたい。
カード会社からすれば使い道より、きちんと返済してもらうのが大事なわけで、現金化してるのは解っていても見てみぬふりしないとカード会社もやっていけないと、まあ、それが本音だと思います。





次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。