クレジットカード現金化 口コミ 体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金に! 還元率の実態から現金化業者を使わない現金入手の裏技まで、実際にサービスを利用した方からの口コミ 体験談!もう業者の自作自演の比較口コミには騙されない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化が
いったいどういったものなのかを
考えてみたいと思います。


業者に申し込みをすると
次のような流れで現金化が行われます。

1、クレジットカード保有者は、
業者の指定する商品(商品券やプリペイドカードなど)を
オンラインもしくは電話でクレジットカードを利用して購入します。

2、業者は、クレジットカード保有者の購入した商品を
買い取りその代金を銀行などに振り込みます。
(この段階でクレジットカード保有者は、
ショッピング枠を現金化できたことになります)

3、業者は金券ショップで販売するか、
商品販売元に返品して販売価格を受け取ります。


業者により異なりますが、
60~90%程度の換金率でショッピング枠を現金化してくれます。

一見すると便利なシステムに思えますが、
次の問題点があるためあまりおすすめできる方法ではありません。



【問題点1】実質金利は極端な高金利になる
 
クレジットカードで買物をする際には、
一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、
最終的には全額返済することになります。

そのため手取り現金に対して金利も含めた総支払額と
支払い期間をもとに実質金利を計算してみると
予想外の高金利であることがわかります。

なお以下のケースでは10万円分の商品をクレジットカードで購入し、
その商品を業者により換金率80%(8万円)もしくは90%(9万円)で
現金化と想定します。

(ケース1)
カードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合 / 90%の場合
実質年利: 300% / 133.3%

(ケース2)
カード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合 / 90%の場合 
実質年利: 59.4% / 30.6% 

上記の金利からわかるように消費者金融で
融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%/90%での換金を前提としていますが、
実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多く
より高い実質年利となります。



【問題点2】クレジットカードの禁止事項に抵触する

多くのクレジットカード会社はショッピング枠を現金化することを
規約で禁止しています。

そのため現金化していることをクレジットカード会社が把握した場合には、
クレジットカードの使用が停止される可能性があります。
軽い気持ちでつかっただけで、クレジットカードを停止され
そのうえ以後も発行してもらえなくなる可能性もありますので注意が必要です。



【問題点3】業者の信用度に問題がある

ショッピング枠を現金化してくれる業者は
「当店は消費者金融ではありませんので安心です」
などのメッセージを載せています。この言葉の意味を検証したいと思います。

消費者金融は、監督官庁の公式な許可が無ければ営業できません。

また出資法、利息制限法などにより金利が管理されています。

それに比べて現金化する業者は
一切法律による束縛を受けておらずルールもありません。

そ して一番重要なのはクレジットカード各社は
規約に反して営業しているとして詐欺罪で業者を
告訴する可能性を示唆しています。

(カード会社から見るとショッピング枠を利用されますが、
実質キャッシング扱いとなっており回収リスクや
金利などの点で不当な損失を被っている為)

ショッピング枠を現金化し銀行に振り込まれるまで
数日から2週間程度の時間が必要です。

もしこれらの告訴が現実となった場合には、
業者にショッピング枠だけ利用され現金が振り込まれる前に
倒産される可能性などもあります。
結論としては業者は消費者金融でないことは事実ですが、
信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。


スポンサーサイト

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカード現金化の実態

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者があることを

ご存知の方は意外と多いのではないでしょうか。


総量規制などによって大きく顧客を減らした消費者金融業界に変わり、

現在大変活性化しており、インターネットや雑誌、新聞、街にある立て看板などで

広告を掲載しているので、利用したことはなくても何となく知っている方は多いと思います。

これだけ多く宣伝されている「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は

どのようなものなのでしょうか。

違法性はないのでしょうか。消費者金融やカードローンで借金をすることに比べて

メリットが大きいため普及してきているのでしょうか。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードを所有していて、

急な現金が必要な方は、つい利用してみたくなってしまうのかもしれませんが、

「絶対に利用しないこと」をオススメします。


クレジットカードの現金化は、違法性が常に付きまとい、

消費者金融やカードローンの借金と比べてもなんのメリットもないばかりか、

大きなマイナスになってしまいます。

現在は撤廃された消費者金融の「グレーゾーン金利」と比べても、

はるかに実質年利が高くなってしまう「悪徳商法」であるといえます。

現金化業者を利用して、ショッピング額を現金に買えた場合の実質年利は、

業者にもよりますが、軽く100%を超えてしまうことが多々あります。

グレーゾーン金利の上限が29.2%でしたので、これがどれほど高い数字かご理解いただけると思います。

さらに悪質なのは、クレジットカードのショッピング枠の利息が、

キャッシング枠の利息と比べて低く設定されていることに目をつけて、

「クレジットカードのショッピング枠の現金化は、キャッシングに比べて金銭的なメリットがあります」

などと巧妙に誘うところです。

たしかに、多くの場合ショッピング枠での分割のほうが利率は低く設定されています。

しかし、現金化は、還元率や手数料と称して、現金化業者に10%も20%も支払わなくてはなりません。

そのうえ、カード会社への返済義務は丸々残るわけですから、メリットのある道理がありません。

クレジットガードが発行されたときに与信審査は受けていますので、

クレジットカードの現金化には、消費者金融や他の貸金業で行われる与信審査などの煩わしさはありませんが、

10万円のお金を貸すときに2万円も3万円も手数料で持っていってしまい、

10万円の借用書に対して7万円しか出さないような悪徳業者もよほどの闇金でなければありえません。

ショッピング枠を現金化することは、重い金利負担やカード停止など大きなリスクが待っています。

リスクに見合う現金は手に入れることが出来ません。

審査はしなくていい、取り立てもしなくていい、手数料は前払いでもらえるなど、

得をするのは業者ばかりなのが、クレジットカードの現金化の実態です。

クレジットカードの現金化を検討しなければならないほどの状況は既に行き詰っているといえます。

安易に利用せず、このサイトを利用して現金化に関する情報を身につけていただき、


しかるべき場所に相談して解決を図ってください。

たとえ、一時的に現金を手にして急場をしのぐことが出来ても、

行き詰ってしまうXデーをほんの僅か先延ばしに下に過ぎません。

そして、利用することによって確実に債務は膨らみ、

いつか迎えるXデーもより大変なものになってしまうことでしょう。



テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化がいったいどういったものなのかを考えてみたいと思います。


業者に申し込みをすると次のような流れで現金化が行われます。

①クレジットカード保有者は、業者の指定する商品(商品券やプリペイドカードなど)をオンラインもしくは電話でクレジットカードを利用して購入します。
②業者は、クレジットカード保有者の購入した商品を買い取りその代金を銀行などに振り込みます。
(この段階でクレジットカード保有者は、ショッピング枠を現金化できたことになります)
③業者は金券ショップで販売するか、商品販売元に返品して販売価格を受け取ります。

業者により異なりますが、60~90%程度の換金率でショッピング枠を現金化してくれます。

一見すると便利なシステムに思えますが、次の問題点があるためあまりおすすめできる方法ではありません。



【問題点1】実質金利は極端な高金利になる
クレジットカードで買物をする際には、一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、最終的には全額返済することになります。

そのため手取り現金に対して金利も含めた総支払額と支払い期間をもとに実質金利を計算してみると予想外の高金利であることがわかります。

なお以下のケースでは10万円分の商品をクレジットカードで購入し、その商品を業者により換金率80%(8万円)もしくは90%(9万円)で現金化と想定します。

(ケース1)
クレジットカードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合 / 90%の場合
実質年利: 300% / 133.3%

(ケース2)
クレジットカード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合 / 90%の場合 
実質年利: 59.4% / 30.6% 

上記の金利からわかるように消費者金融で融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%/90%での換金を前提としていますが、実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多くより高い実質年利となります。



【問題点2】クレジットカードの禁止事項に抵触する

多くのクレジットカード会社はショッピング枠の現金化する手法を禁止しています。

そのため現金化していることをクレジットカード会社が把握した場合には、クレジットカードの使用が停止される可能性があります。
軽い気持ちでつかっただけで、クレジットカードを停止されそのうえ以後も発行してもらえなくなる可能性もありますので注意が必要です。



【問題点3】業者の信用度に問題がある

ショッピング枠を現金化してくれる業者は
「当店は消費者金融ではありませんので安心です」
などのメッセージを載せています。この言葉の意味を検証したいと思います。

消費者金融は、監督官庁の公式な許可が無ければ営業できません。

また出資法、利息制限法などにより金利が管理されています。

それに比べて現金化する業者は一切法律による束縛を受けておらずルールもありません。
そして一番重要なのはクレジットカード各社は規約に反して営業しているとして詐欺罪で業者を告訴する可能性を示唆しています。(クレジットカード会社から見るとショッピング枠を利用されますが、実質キャッシング扱いとなっており回収リスクや金利などの点で不当な損失を被っている為)
ショッピング枠を現金化し銀行に振り込まれるまで数日から2週間程度の時間が必要です。

もしこれらの告訴が現実となった場合には、業者にショッピング枠だけ利用され現金が振り込まれる前に倒産される可能性などもあります。
結論としては業者は消費者金融でないことは事実ですが、信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。


現金化の口コミ・体験談はこちら

テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

カードショッピング枠現金化のカラクリ、口コミ・体験談

今日も、クレジットカード現金化の口コミ 体験談の情報をピックアップしてみます。

最近のクレジットカードのショッピング枠現金化は、カード会員から商品を買い取るという露骨な違法形式をとらず、キャッシュバック方式と言われる、商品を自ら販売してカード会社から払い込まれる代金を、カード会員にオマケとして払い戻すという方式を使っている業者が多いようです。

この方式は、現金化業者が自らクレジットカード加盟店になっているか、もしくは何処かのクレジットカード加盟店とグルになっていないと成立しません。

通常のクレジットカード取引と大きく異なるのは、高額な代金が購入者に対してキャッシュバックされるという点です。

当然現金化業者が販売する商品の価値は、販売代金に比して著しく低くなければ商売は成り立ちません。

具体的な例で言うと、50円ボールペンを50万円で売るようなことです。

現金化業者はウェブサイトで利用客を捕らえるのですが、ネットを介在させて商品売買を行えば、通信販売に該当することになるのですが、しかし現金化業者が扱っている商品が何かは、ウェブサイト上には表示されていません。

表示されていない以上、クレジットカード会社には、実際に引き渡された商品が何であるかはわからないし、クレジットカード会員には売上票には何と記載されているのかもわからないことになります。

クレジット代金を滞納され、商品を回収してみたらボールペンのような、二束三文の品だったということになると、クレジットカード会社にとっては大損害です。


しかし、残念なことにクレジットカード会社は債権回収にしか興味がないらしく、発覚しても現金化業者に警告を与えるだけで、摘発まで至っていないというのが現状です。

また、今のところ詐欺の片棒を担いだ不正カード利用者へも警告に留まり、実際にはクレジットカードの停止なども行われていないようです。

確かに顧客であるクレジットカード会員に対して厳しい追求などできる由もありませんので、仕方のないことかもしれません。

おそらく詐欺罪で告訴しようなんて面倒なことはあまり行いたくないのが実情のようです。

以上、クレジットカード現金化の口コミ情報でした。


テーマ:クレジット、キャッシング、ローン - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカード現金化を利用したときの返済


クレジットカードの現金化を利用した場合、
ショッピングをしたという体裁で現金化が実現されるため、通常のショッピングと同様に商品代金は後日カード会社へ返済することになります。

最終的にお客様のお手元に入る金額と返済額について具体例を挙げご説明します。
100,000円を換金率80%で現金化した場合、お客様にキャッシュバックされる金額は80,000円です。

・お客様がカード会社ヘ一括払いで返済する場合

カード会社への金利は発生しませんので返済額は100,000円です。
80,000円を手に入れて100,000円の返済なので、お客様は20,000円の赤字です。

・お客様がりぼ払いなど分割で返済する場合

例えば5回払いで年利15%の分割の場合、概算で6,250円(100,000円×15%×5/12)が利息として請求されるので返済総額は106,250円。 80,000円を手に入れて106,250円の返済なので、お客様は26,250円の赤字となります。
以上のように現金化は、資金の都合をつけることができるかもしれませんが最終的にお客様のご負担が
軽減されるわけではないことを理解して下さい。

ショッピング枠の現金化はあくまでも一時しのぎ的な現金の調達方法であり、返済見込みの十分ある方には便利なサービスかもしれません。

多重債務を抱え返済にお悩みのお客様が現金化をご利用することはお勧めできません。
債務の根本的解決を目指すためには現金化ではなく弁護士や司法書士といった専門家が対応する無料相談窓口など多数存在しますので、そちらにご相談されることを強くお勧めします。





次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。